スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.07.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    秋と数学と自転車

    0

      先日、2号が英語の勉強をしていたときのこと。
      季節の単語テストがあるとかで、単語練習をしていた。
      spring、summer、autumn、winter・・・と思いきや、秋はautumnではなくて、fallだった。

      私が中学だった頃からもう、何十年とたっている。
      いろいろ変わったこともあるだろう。
      けれど、ちょっとショックだったのが数学。

      最近、数学はmathと覚えるらしい。
      私が中学生の頃はmathematicsだった。
      長くて、ややこしくて、覚えるのに苦労したことだけは、よく覚えている。
      数学は英語になっても難しいんだな・・・と心底数学が嫌いになった(笑)

      あと、自転車。
      自転車も最近はbike。
      私の頃はbicycleだった。

      びっくりしたのは体育。
      体育はP.Eというらしい。
      私の頃はどうだったろう?
      習ったのかもしれないけれど、記憶にない(笑)
      P.Eはphysical educationの略らしい。

      1号に聞いてみたら、自転車はbicycleだった。
      他は2号と一緒。
      自転車はいつからbikeになったのだろう。


      英語、もう一度2号と中1から勉強し直してみようかな。


      というくらい、英語が苦手です。
      確かめましたが、単語のつづりなど間違っていたら、ごめんなさい。


      立冬

      0

        「もう、冬だなぁ・・・」と、つぶやくと「まだだよ。ママ」と2号は笑っていたけれど、もう立冬。
        昨日、今日と穏やかだけれど、来週から寒くなるらしい。

        11月の連休中、お天気のいい日に2号と買い物がてら散歩に行った。
        金木犀のいい匂いがするたびに、2号と二人「いるね」と言って、金木犀を探しながら歩いた。
        いい匂いはするけれど、姿が見えないこともしばしば。

        だけれど、おひさまのよく当たる場所に、満開の金木犀を見つけた。
        青空に金木犀の橙がとてもきれいだった。




        満開の金木犀。
        二人でしばらく立ち止まってしまった。


        2号もずいぶん大きくなって、帰りはしぶしぶながらも買い物袋を持ってくれるようになった。
        ベビーカーに乗って、猫を探しながら散歩していたのが昨日のことみたいなのに。
        ああ、でも、猫を探しながら散歩というのは、今も変わってないのだけど(笑)

        写真


        ハロウィンとクリスマス

        0

          2号は大のハロウィン好きだ。
          ハロウィンの飾りが始まりだすと、お気に入りの100円ショップでハロウィンの小物を買うのを楽しみにしている。
          100円ショップのおかげで、おこづかいで机のまわりを飾れるのがとてもうれしいらしい。
          飾りやシールだけでなく、今年は帽子やマントにも手を出した。
          「どうするの?それ」と聞いたら、家でかぶるとのこと。
          中学生にもなって・・・と内心思っていたら、2号のまわりの友達の中にも帽子やマントを買った子が何人もいるらしい。
          そうなのか、そんなものなのか、今時の中学生は。

          大人になってからの行事のせいか、ハロウィンにはなじめないでいる。
          何をする日かいまいちピンとこない。
          カボチャを飾って、カボチャを食べる日くらいなイメージだ。

          そう思ったら、クリスマスは母達にとってそんなイメージだったのかもしれないと思った。
          私が子どもの頃のクリスマス。
          もみの木に、ほしい物を書いてぶら下げたりした。七夕の短冊みたいに(笑)
          書いたものがプレゼントされることは何回かに1回ぐらいだったような気がするし、ケーキとかフライドチキンとかその辺りの記憶は曖昧だ。
          ただ、もみの木だけは小さかったけれど本物だったような気がする。
          クリスマスの時だけ家の中に置いて飾り付けをするのだ。
          ちょっと枯れたり、それを母が豪快に切ったりするから、なんだかどんどん絵に描いたようなもみの木からは遠ざかっていったような・・・(笑)

          あの頃、母はどんな気持ちでクリスマスを過ごしていたんだろうと、ふと思ったりした。
          いつか機会があったら聞いてみよう。


          さて、ハロウィンも終わって、次はクリスマスだ。
          でも、2号は11月いっぱいはハロウィンの飾りを飾っておくらしい(笑)
          それくらい好きなのだ。
          あのオレンジのカボチャが。
          だけど、12月になったら、今度は嬉々としてクリスマスの小物をあちらこちらに飾るんだろうな(笑)





          「ハロウィンにカボチャプリンを作って!」とリクエストされて、作りました。
          顔はカボチャの皮を切り抜いて。
          我ながら頑張ったと思います(笑)
          ただ、カラメルは上からかけて食べるのが好きなので、上からかけたら、顔が浮いてしまったのが難点(笑)

          さて、マント。
          開けてみたら、とても小さくて、2号はつけられず(笑)
          仕方ないので、大きな猫のぬいぐるみにつけたら、ぴったり!
          まるで、あつらえたようでした(笑)



           


          不覚

          0

            最近、物忘れと物覚えが悪くなった。
            それは、もう、哀しくなるくらい。

            でも、まさか、友達の誕生日を間違えるなんて。

            毎年、ささやかなプレゼントと手紙を送っている。
            間違えたことはなかった・・・と、思う(けど、もしかしたら、間違えたことがあるかも・・・)

            一日早く、誕生日おめでとうのメールをしてしまい、そして、先日ちょっと遅れて手紙を出した。
            その手紙を出した直後に、「あれ?」と立ち止まった。

            よくよく考えて、手帖を確認したら1日早くメールしたことに気がついた。
            手紙の中でも間違えて書いたような気がする・・・

            ショックだった。
            物忘れも物覚えも悪くなった。
            けれど、友達の誕生日間違えるなんて。
            子どもたちの誕生日だけは間違えないようにしなくちゃ。

            友達に「ごめんね」とメールをしたら、「早く言ってくれたんだと思った(笑)」と言ってくれた。
            ありがとう。本当にごめんね。





            いつも、小さな手づくりのものをプレゼントと一緒に入れています。
            今回はインコの刺繍。
            シマヅカオリさんの『フェルトにちくちく刺しゅうブローチ』から。
            チェーンなどを買ってきて、つなげてみました。
            刺繍は久しぶりで、インコに見えるかちょっと不安(笑)


            さて、りんごが一つ若干日が経ってしまったので、おやつに何か作ろうかな。



            ありがとうございました

            0
              やなせたかしさんが亡くなった。


              思い出は数え切れないほどある。

              弟と一緒に初めてテレビで見た。
              いつ頃からテレビでやってるのかと思ったら、25年前とのこと。
              ちょうど、弟が生まれた頃だ。

              弟と過ごした時間は3年くらいだったけれど、思い出の中にはアンパンマンがいる。

              絵もいっぱい描いた。
              当時は、アンパンマンとバイキンマンぐらいしか描けなかった。
              妹がドキンちゃんを上手に描くのを、うらやましく思ったりして。

              テレビを見たり、絵を描いたりしながら、「自分の子どもが生まれても、アンパンマンがやってるといいなぁ」って思ったりした。


              それから、何年かたって。
              1号が生まれて、また、久しぶりにアンパンマンを見るようになった。
              アンパンマンにはたくさん助けてもらったし、思い出もたくさん作ってもらった。

              風邪をひいて、咳で眠れない夜は、抱っこしながら二人でアンパンマンのビデオを見た。

              1号は場所が変わると眠れない方だったから、出先で眠れないこともしばしば。
              そんなときは、紙に絵を描いて。
              ぐずぐず泣いていても、すぐ笑顔になって、私は眠い目をこすりながら、いっぱい絵を描いた。
              おかげで、いろいろなキャラクターの絵を描けるようになった。

              夏になると毎年映画も見に行った。
              私の方が見ながら泣いたりして、夏の楽しみだった。

              2号が生まれた年も、母に2号を見てもらって1号とアンパンマンを見に行ったっけ。

              2号が歩けるようになってからは、2号とも一緒に行った。
              そのうち、1号は少しずつ、アンパンマンから卒業していった。
              けれど、2号がアンパンマンを見ているうちは、一緒になって見てた。

              いくつになっても楽しくて、でも、私が一番楽しんで見ていたかもしれない。

              弟と、1号と、2号と。
              長い間、アンパンマンと一緒に楽しい時間をいっぱい過ごしてきた。


              2号がアンパンマンと卒業した後も、友達のところのおちびちゃん達に、アンパンマンの絵を描いては喜ばれて、思いがけず楽しい時間をたくさんもらった。



              亡くなったと知って、ぽっかりと胸に穴があいたよう。
              たくさんの思い出が次から次へと浮かんでくる。
              そして、涙が止まらない。


              たくさん、助けてもらいました。
              たくさん、楽しい時間を過ごすことが出来ました。

              思い出をたくさんありがとうございました。
              本当に、本当にありがとうございました。





              1号が4歳か5歳くらいの時に描いたアンパンマン
              上手に描けたので、思わず写真に撮りました(笑)


              あれはいつだったか。まだ、1号が小さかった頃。
              中学時代からの友達に久しぶりに会ったときに、アンパンマンの話になって、話をしながら絵をたくさん描いた。
              友達が「もらっていい?」というので、その絵をあげたのだけれど、友達はその絵を家の冷蔵庫に貼って飾ってくれていて、遊びに来た姪っ子ちゃん達のお気に入りだったとか。
              そんなうれしいこともあったな。









              スマホケース

              0

                さて、スマホ。
                プラスチックのカバーは買ってつけたものの、液晶画面をそのままに鞄に入れるのが、どうにも心配だった。
                手持ちのポーチに入れているけれど、布が薄くて心もとない。

                ネットで、手帳型のカバーを探すものの、デザインがイマイチだったり、値段が高かったり。
                革を買ってきて、見よう見まねで作ってみようかと思ったものの、ハードルが高く・・・(笑)

                そんなとき、かわいいハンカチを見つけた。
                リバティの布で、タオル地と2枚がさねになっている。
                これを使って、ポーチ型のケースなら、作れそうかもと思った。

                ・・・で、ハンカチを買ってから、早2ヶ月近くたち・・・(笑)
                今日、急に思い立って、作ってみた。
                あいかわらず、ポンコツエンジン。
                いつかかるかわからない(笑)




                2枚重ねになっているタオル地側に切り込みを入れて、間に補強の厚紙を入れて、
                半分に折って両脇を縫っただけ。
                あと、厚紙がずれないように、真ん中を縫って。
                鞄の中で飛び出ないように、入口にはスナップを一つつけた。




                少し大きめなので、イヤホンをつけても大丈夫。


                これで、とりあえず、いいかな。
                あとは、鞄の中で迷子にならないようい、固定したいところ。
                何かいい手はないかなぁ。

                だいたい、あれこれ物を持ち歩き過ぎなのだ。
                だから、鞄の中がいっぱいで、スマホが迷子になってしまう。
                もっと、スマートに移動したいけれど、物は増えていくばかり(笑)
                あと、今使っている鞄が深いのも問題。

                あんまり深くなくて、物がたくさん入る鞄で、肩かけで、どんな服にも似合う鞄・・・これも、なかなか見つけるの難しそう(笑)


                やっと

                0


                  がまぐちデビュー(笑)
                  たまたま見た『すてきにハンドメイド』でやっていた、菊池しほさんのニットで作るがまぐち。
                  がまぐちの金具も毛糸も100円ショップで購入。
                  毛糸は2本どり。

                  思っていたよりも簡単だったから、また作って見ようかな。 






                  2号が作ってくれた白玉だんご。
                  一人で、ぱぱっと作ってくれるように。
                  頼もしい。





                  大きなぶどう!
                  母が毎年送ってくれます。
                  ぶどう農家ではないのですが(笑)、近くにおいしい、ぶどう園があるのです。
                  とってもおいしくて、瞬く間になくなりました(笑)




                  地元

                  0

                    この夏の帰省で、久しぶりに中学時代からの友達に会うことが出来た。
                    3人で、ゆっくり会うのはかれこれ10年振りくらい。

                    当時、東京の町田に住んでいて、待ち合わせは小田急駅の伝言版の前だった。
                    携帯なんてなかったし、いつも遅れる友達を30分くらい待ったりしたっけ(笑)

                    今回も「待ち合わせどうする?」となったときに、「たぶん、もうないと思うけど伝言版の前で」ということになった。
                    伝言版はやっぱりなくなっていたけれど、そこに立って見る景色はあの頃と変わらなかった。

                    会わなかった間、連絡と言えばメールくらいで、電話で話すこともほとんどなかった。
                    メールだって、そんなにしょっちゅうしているわけでもなかったし、会うまでは少し緊張したりして。
                    でも、会って、少ししたら、緊張してたのが嘘みたいだった。

                    お昼を食べながら、長々とおしゃべりをして、町田の駅をぶらぶら歩いて。
                    駅のまわりは、ずいぶん変わってしまった。
                    新しい道が出来たり、デパートの名前が変わっていたり、新しいビルがたくさん建っていたり。
                    でも、あの頃からある風景もちゃんと残っていて、懐かしかった。


                    生まれてから、何度も引っ越しをしているし、父が亡くなってから母が引っ越ししたから、もう町田には実家がない。
                    私の地元ってどこなのかなぁ・・・なんて、あまちゃんの『地元に帰ろう』を聴くたび、ぼんやり思ったりした。
                    でも、今回、友達と町田で会って、ここが地元かなと思った。
                    中学から結婚するまで、10年も暮らしてない場所だけれど、でも、大事な友達と出会った場所で、その友達が住んでて、思い出もたくさんある場所だ。


                    「また、来年も会えるといいね。一年に一回くらいはこうやって会いたいね」
                    そう言って、駅で別れた。
                    出会って20年旅行はみんな忙しくて出来なかったけれど、30年旅行は行けるといいな。
                    毎日会って、しゃべっていた時間よりも、会えない年月の方がずっとずっと長いのに、本当に、不思議だ。
                    あの頃は、こんなふうにずっと付き合いが続くなんて思わなかった。
                    会いたい友達がいる、会いたいと思ってくれる友達がいるって、しあわせなことだ。


                    夏の写真をUPしました。
                    Twitter、設定ミスでこまぎれにツイートしてしまってすみません。




                    スカイツリーとツバメノート

                    0

                      さて、スカイツリー。
                      夏休みということもあって、人がいっぱい。
                      11時頃ついて、もらった整理券は1:30から。
                      入場までの間、ソラマチでお買物したいということで、何組かに分かれて、自由行動。

                      私は2号と、慣れない人混みをうろうろ(笑)
                      どこも人が多くて、さて、どうしよう・・・という感じで歩いていたら、本屋さんを発見(笑)

                      二人で「落ち着くよね〜」と言いながら、本屋でのんびり。



                      で、見つけたスカイツリーノート。
                      ツバメノートとのコラボで、スカイツリーにツバメが飛んでるデザインも素敵。
                      2号とスカイツリーのお土産と言うことで購入。
                      その後、1号には「スカイツリーに行っても本屋に行ってたの?」と言われたけど(笑)


                      チケットを買うまでは時間がかかったけれど、エレベーターで登ってからはそれほど、人ごみも気にならず。
                      せっかくなので、ちゃんと上まで登ってきた。



                      さすがにここは、記念写真を撮る人でごった返していたけれど、回廊をゆっくり景色を見ながら登っていくのは人もそんなに多くなくて、気持ちよかった。






                      本当は富士山が見たかったけれど、やっぱり夏は難しそう。
                      冬がいいんだろうな。雪もかぶってるし。
                      次は冬で(笑)




                      9月

                      0

                        雨で始まった9月。
                        台風は、思ったよりも早く温帯低気圧にかわってしまったものの、雨は明日も続く様子。
                        でも、そのおかげなのか、ずいぶん涼しくなって、心身ともにほっとしている。

                        この夏は本当に暑かった。
                        暑さにそこそこ強いと思っていたけれど、熱中症になりかけてるかもと、慌ててクーラーつけたりすることもしばしば。
                        毎日暑い中、部活している2号に悪くて(1号はクーラーかかりすぎた教室でジャージきながら勉強中)、クーラーつけるのをためらう私に、「いいから。絶対、クーラーつけてね!」と2号に言われたり。


                        さて、ずいぶん久しぶりの更新になってしまいました。
                        間があくと、ずるずるあいてしまいます。
                        すみません。
                        あれこれ思うことはあったし、書きとめたいな・・・と思うこともあったのですが・・・

                        なにより、ずっと続けてきた七夕を今年はできませんでした。
                        いろいろあって、心に余裕がなくてできませんでした。
                        楽しみにしてくれていた方がいらっしゃったら、本当にごめんなさい。

                        今は少し落ち着いて、でも、まだまだいろいろあるのですが、まあ、少しずつといったところです。
                        ぽつり、ぽつり、ぼちぼちという感じではありますが。


                        先日、1号がスマホになるのと一緒にスマホになりました。
                        スマホからこちらも更新できるのですが、不慣れなものでこちらのアプリではうまく更新できず(笑)、スマホからは別のところを使って、ちょこちょこ更新出来ればなと思っています。

                        http://simplog.jp/pc/pub/8058775/43

                        PCからでもスマホからでも見られます。
                        もしよろしければ・・・ぽつり、ぽつり、ぼちぼちですが(笑)


                        追記:更新すると、直後に「いいね」(だったかな)の反応がすごくて、面喰ってしまって、やめてしまいました(笑)
                        ひっそり、地味にやってきたので、急にそんな反応がいっぱいくると、びっくりするやら困ってしまうやら・・・(笑)
                        地味にひっそりきたのが長続きの秘訣かもしれません(笑)。


                        夏休みは帰省していました。



                        眺めてばかりだったスカイツリー、やっと登ってきました。




                        こちらは、サンシャイン水族館。リニューアルしてからは初めて。




                        やっと、帰りの飛行機から見えた富士山。
                        帰省中、いくつも富士山が見えるスポットに行ったものの、霞んでいて一回も見えず。
                        スカイツリーに至っては、東京タワーもほとんど見えなかったくらい。
                        最後の飛行機にかけてました(笑)
                        2号は、「思っていたのと違う・・・」とあんまりピンとこなかったようです(笑)
                         



                        calendar

                        S M T W T F S
                          12345
                        6789101112
                        13141516171819
                        20212223242526
                        2728293031  
                        << August 2017 >>

                        ちいさな羊の本棚

                        twitter

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        PR